**green_cafe**

三脚はやっぱり実物を見た方が良い!

f0163583_18343628.jpg


今日のはストックじゃないよ。(^^)


今日は朝からどんよりとした雲。暗〜い。
そのうち雨も降り出しました。

午後、晴れ間が顔を出してきた。
でもまだ遠くの空は暗い雲がいっぱい。

あまり期待はしないものの「もしかしたら」という思いでいつもの様に海へ車を走らせました。
海へ行く道中はどんよりとした雲が空を覆っています。

引き返そうかな?
そんな思いで車を走らせていました。


が、海へ来てみるとこの場だけポツンと空が顔を出していた。

空を見ると真っ赤な光の尾を携えて一直線に飛んで行く飛行機。
望遠に交換する暇が無いほど早い。
付いているレンズのまま夢中になって撮ってました。(^^)


f0163583_18515298.jpg


空には三日月も顔を出していました。
優しく光る月の明かり。
広がる雲。
これは撮らねば!そんな思いでシャッターを切る。


太陽が沈むと急に寒さが身にしみてきます。
カメラを持つ手も冷たい。(またカイロ忘れちゃった)

そろそろ空は真っ赤に燃えてくれるかな?
でも雲が広がっているので期待出来ない?


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
写真のつづきはまた次回。






前回の三脚のつづき。

三脚を選ぶ中で重要なのは「高さ」だと思います。
よくエレベーターを伸ばさない状態でカメラのファインダーが目線にくるくらいが良い
という事を耳にします。(もちろん三脚を設置して雲台を設置した上で)

で、早速ヨドバシでも意中の三脚を広げてみました。
雲台はとりあえず元々付いていたもののままで。

で、比べてみると・・・ん?

全伸高のカタログ値では
Manfrotto 
 カーボンファイバー 3段 055CXPRO3 140cm  
 カーボンファイバー 4段 055CXPRO4 135.5cm

GITZO
 システマティック カーボン6X 3段 GT3530LS 148cm
 システマティック カーボン6X 4段 GT3541LS 146cm
 マウンテニア カーボン6X 4段 GT2541 130cm(センターポール格納時)

Velbon
 Geo Carmagne E635 143.5cm
 Geo Carmagne E645 136.5cm

この様になっていました。

だけど明らかに大きな差がある三脚があります。
それは意中のManfrottoの三脚。

055CXPRO3にはビデオ雲台が付いていたのですが三脚+雲台で既にかなりの高さ。
これにカメラを乗せるとたぶんちょうど目線にファインダーが来るか、ちょっと高いかも。
(私がチビなんですけどね〜。笑)
でもカタログ値は140cm

同じく雲台の付いていたVelbonのGeo Carmagne E635を見てみると、
ちょっと屈むくらいの高さ。ちょうど良い高さに感じます。
でもカタログ値は143.5cm

う〜ん、分からない。
この2本のところを行ったり来たりしてました。(笑)
ちなみにGITZOもそんなに高く感じなかったです。雲台は乗っていなかったので何とも言えませんが。

Manfrottoだけがなんだか高いんですよね〜。何でだろう?
何か違うのかなぁ。(ちょっと思うところもあるのですが)
055CXPRO4だとちょうど良さそうな感じかも。

あまり時間が無かったので次に行った時は店員さんに色々聞きながら試してみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by green_cafe0815 | 2010-12-11 19:48 | 石狩