**green_cafe**

小さな主張

f0163583_21311531.jpg


面白く撮れるかな?と思って日の丸構図で撮ってみました♪


撮影場所:近所


昨日と一昨日、家電量販店巡りをしていました。
なので全然写真を撮らず。ネタなし!
で、量販店ではあるものを購入しました。今まで散々悩んでいましたけど、ようやくです。(^^)




今まで何を買おうか妄想を膨らませていました。(^^)
Lズームレンズも欲しい、単焦点も欲しい、欲しいものだらけです。

で、結局買ったのはプリンター。
以前から欲しいなぁとは思っていたので。

今回もレンズにしようかな〜と思っていたのですが、特に今すぐに必要なレンズが思いつかない。
ただなんとなく欲しいというくらい。


※長くなりますのでここで止めた方が無難かも。でも同じ様に悩む人もいるだろうなぁという事で記載致します。



プリンター購入、悩みました〜。

候補は4機種。
キヤノン2機種(PIXUS Pro9000 Mark II、PIXUS Pro9500 Mark II)、エプソン2機種(MAXART PX-5600、PX-G5300)。

何が違う?

キヤノンの2機種は染料(9000 Mark II)と顔料(9500 Mark II)
エプソンは2機種とも顔料。

染料は光沢感のある鮮やかな写真の仕上がりだけど、印刷後の色の安定には時間がかかります。
それに印刷後、何ヶ月も経つと色あせてきますよね。

たいして顔料は鮮やかさでは染料に負けてしまいますが、色の深みがある様に感じます。(私感です)
そして印刷後の色の安定は早いので、色合わせがやりやすい。経年劣化も染料より長持ちです。

と、まぁ、こんな感じくらいしか知りません。


見慣れた写真はやっぱり染料。
サンプルを見た時、あの鮮やかな風景の写真には驚きました。こんなに奇麗なの!?
我が家のプリンターっていったい・・・。(笑)

購入はキヤノン9000 Mark IIで決定!価格的にも。
と思いきや試しに覗いた9500 Mark IIの写真。アート紙に印刷された写真に衝撃でした。(言い過ぎ?笑)

写真とは思えないほど。まるで絵の様。
それにアート紙では無い紙への印刷でも光沢は無いけど立体感があります。
・・・候補が2機種に増えました。(汗)

エプソンは?

そうなんです。最初はキヤノンのみで考えていました。
なぜならカメラもキヤノンなので現像ソフトのDPPとプリンターとの連携(色合わせ)がやりやすいと思ったので。

でも、顔料機のサンプルを見てとりあえずエプソンも候補に。これで4機種に。

色々調べ、サンプルも見ていくうちに益々悩んでしまいます。
どっちが自分の好みなのだろう?

どっちも自分の好みなのです!!(爆)

一行に進まない。
先ずは候補を減らそう!

候補のうち3機種は顔料。
ここを先ず絞ろう。

キヤノン9500 Mark II
とっても素敵な仕上がりなのですが、印刷に時間がスゴくかかりすぎ!(L版 約1分45秒)
印刷中は放っておけば良いのかもしれませんが、やっぱり気になります。
A3だったらどんだけかかるんだー。

たいしてエプソンPX-5600とPX-G5300は9500 Mark IIの半分以下(両機種ともL版 約38秒)
9500 Mark II、さようなら〜。(DPPとの連携だけが気になりましたが・・・)


エプソンの2機種は悩みました。

PX-5600は高い!PX-G5300も高いですけど、PX-5600はもっと高い!
発売から1年以上経っていますが、新発売のキヤノン9500 Mark II よりちょっと高い。

PX-G5300もPX-5600も8色。
でもPX-G5300は実質6色。黒が2色(フォトブラックとマットブラック)あり、用紙によって使い分けます。
そしてグロスオプティマイザが1色分としてカウントされています。
これは色では無く、写真に光沢を持たせるニスの様なもの。
でも、そのおかげで染料機に近い光沢感が出ます。

そして初心者には優しい自動補正。


PX-5600にも黒は2色ありますが、カウントされていません。(なのでカートリッジは9本セット)
マットとフォトは使い分けて手動で入れ替えが必要です。ちょっと面倒かも?

ここで問題!カートリッジを交換する度にヘッドクリーニングが行われてインクが減るらしい。
(気にするほどでは無いのかもしれませんが、ネットで調べると色々と書かれています)

でもPX-5600にはグレーインクが2本付いています。
これのおかげでモノクロ印刷は強力。
実際、サンプルを見た時の立体感(解像感)は素晴らしかったです!(^^)

初心者にはちょっと難しいかもしれないけど、自分で色を細かく調整が出来るとの事。


染料機の様な光沢感も出せ、アート紙への印刷で絵の様な表現が出来る5300か、
光沢感はそれほど無いけれど、モノクロに強い5600か。(もちろんアート紙にも印刷可能)


残る候補はキヤノン9000 Mark II。候補の中での唯一の染料機。
風景を撮る事の多い私に撮って、染料の鮮やかな写真は惹かれます。
それにDPPとの連携もかなり惹かれます。


最終的に選んだのはエプソンPX-5600。

人肌の艶かしさはまるでそこに居る様。光沢は弱いけど風景の立体感、奥行き感が素晴らしい。
モノクロの解像感は圧倒的。芸術の様に思えていしまいました。
もちろん最初に興味を持ったアート紙への印刷も興味津々。(^^)


PX-G5300も良かったのですが、5600と光沢用紙へのカラー写真を見比べると
ちょっと誇張した鮮やかさだった様に思えたので候補から外しました。
(同じ写真を印刷したものが1種類だけしかなかったので、実際はそうでもないのかもしれませんが)

鮮やかで奇麗ではあるんですけどね。これは自動補正の為なのかな?万人受けする様に。
(グロスオプティマイザをoffには出来る様ですが、効果は無いでしょうしね)
顔料だけど光沢がある。顔料と染料のいいとこ取りの様な機種。かなり悩みました〜。


最後まで候補に残った9000 Mark II。
候補から外す点が見当たらなかったです。最高レベルに感じました。
が、5600に興味のある部分があったので今回は断念。(次回があるわけではありませんが。笑)

 
PX-5600で実際に印刷をしてみました。
難しく考えていた色の調整ですが、特に触らなくても大丈夫でした。(何回かテスト印刷しましたけど)
キヤノン機特有のDPPとの連携はありませんが、全然困りませんでした。
そして光沢紙への印刷では、光沢感は弱い様に感じましたが全然気になりません。十分奇麗!


今までプリントする時はお店でやれば良いかな〜、と思っていました。
その為には素敵な写真を撮ってから!と意気込んでいたため1度もプリントした事がありませんでした。(お金かかりますしね)

お店プリントしても自分のイメージとは違った仕上がりになってしまうという事もよく聞きます。
もちろん自分のイメージを伝えればいいのかもしれませんが、それが難しい。

でも、自宅プリントにした事でプリントが身近な存在に。
色もモニターにほぼ合った状態で印刷出来ています。(^^)

これからはどんどんプリントしていきたくなります。
気に入った写真が撮りたいな〜という意欲も増してきそうです♪
今まで興味はあったけど、やる事はなかったモノクロもどんどんやってみたいと思っています。

まだまだこれから使いこなしていかなければいけませんが、楽しみです。
印刷用紙も色々と試してみたいな〜、と思っています。


※私感も入っており、プリンター初心者なので間違ったところもあるかもしれません。
申し訳ございません。
[PR]
by green_cafe0815 | 2009-07-13 23:41 | スナップ